ブラウン・ビール

ブラウン・ビール

これは、主に東フランダース州という限定された地域で造られているこげ茶色のビールを指します。
こげ茶色のベルギービールは多数ありますが、その中でもブラウンビールは酸味が特徴のビールです。
麦芽には、カラメル・モルトやウィーン・モルトを使用して金属タンクでの数ヶ月の熟成により、
酸味をもつ伝統的スタイルのビールが完成となります。

マイケルジャクソンは、大きな意味で、ブラウンビールと一括りにしていますが、
それの中には、非常に多くの限定された地ビールなどがあり、
とても種類に括りきれないベルギービールがあるようです。 

マイケルジャクソンは、他にもフランダース地方で生産される赤みの強いビールを別に括って
レッドビールと称しています。
当サイトでは、わかりやすさを重視するため、マイケルジャクソンの分類方法を用いています。
本当に、分類にはすごく多くの分類があるため、どれが正しいとは一概に言えないのが現実です。

こげ茶色がブラウン・ビール。
赤色がレッド・ビール。
すごく分かりやすい(笑)
このような認識でOKだと思います。
あなたが、ベルギービールを好きになってくだされば、あなたなりの分類を考えてみるのも一つの楽しみかもしれません。

さて、ブラウン・ビールの有名な銘柄は、リーフマンス・オード・ブラウン、 リーフマンス・グーデンバンドなどがあります。
また、冬季限定など季節限定のビールもあるので、
楽しむことには事欠かないでしょう。    

また、酸味を特徴とするランビックビールと同様に、オールド・ブラウンには、果実を漬け込んだフルーツビ-ルが存在します。
ベルギービールの中には、こうやって果実を漬けこむタイプのものも多くあります。
それが、柔らかい酸味と爽やかな香り、そしてほのかな甘みを演出し、より深みのある味わいを出します。

分類がどれであっても、ベルギーの人々のビールに対する愛情が、年々新しいビールを生んでいくのでしょう。
素晴らしきかな。
ベルギービールの世界!

あわせてに読みたい関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをmixiチェックする

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ