セゾン・ビール

セゾン・ビール

ベルギーでも有数の穀倉地帯南部のワロン地方を中心に、
昔、農家が夏の農作業中、喉の渇きを癒すため、農閑期である冬に醸造したビール。

今では、初春に製造し夏に出荷されるビールになっています。
夏の暑い時期、農作業中に飲むということから、アルコール度数は5%程度で、ホップの苦味を効かせ、
ドライで酸味があることを特徴としています。

昔の農繁期には、外部の労働者を手に入れるために、福利厚生的な一つとして、「ビールの提供」という項目があったようです。
これは、農家ごとに競争を増し、シリー醸造所の話では、一人1日8リットルのビールを提供していたとのこと。

現在は、ビールが成長し、ペールからアンバーな水色の5~6%の上面発酵ビールで、
ビール名に「セゾン」の名を冠するビールをセゾン・ビールと呼びます。

小ネタですが、セゾンというのは、季節を表すので、端的に聞いてしまうと、
セゾン・ビールという種類を作っていなくても、「うちの醸造所でもセゾンビールは作っているよ!」
などという小ネタが出てくるときもあるようです。
ここでは、分類としてのセゾン・ビール

つまり、歴史の過程で、ある時期にのみ生産されていた醸造方法が、今に引き継がれ、
その土地風土によって完成したものをある種
セゾン・ビールと呼べるという事でしょう。

諸説あるようですが、この認識が一番わかりやすいと思います。

セゾン・ビールに分類されるビールの有名な銘柄は、
セゾン・デュポン、サン・フーヤン・セゾン
などがあります。

昔の歴史を引き継いで、今でも季節で作っている。
これって、面白く興味を惹く話ですね!
夏にBBQなどをやるときに飲んでみると爽快な気分になれるでしょう。

あわせてに読みたい関連記事

    該当する記事はありません
このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをmixiチェックする

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ