ラ・トラッペ~La Trappe~ 新しいトラピストビール

ラ・トラッペ~La Trappe~

ラ・トラッペは、オランダで生産されているビールです。
だから、当初迷いました。
ベルギービール調査隊!で紹介するべきなのか。

しかし、2005年になるまで、トラピストビール全6種類の醸造施設は全てベルギーにしかありませんでした。
ベルギーにある、6つのトラピスト修道院のみで生産され、そのラベルを付与することが出来たのです。

だからこそ、トラピストビールというのは、ベルギーから始まったビールと言えるでしょう。
なので、オランダで製造されていても、トラピストであるならば、ベルギービールという括りの中で紹介するのもアリだと思いました。
オランダビールという紹介をされることもありますが、当サイトでは、ベルギービールとして紹介します。

ラ・トラッペは醸造こそ、オランダですが、トラピスト会に認定されたトラピストビールです。
製造修道院は、オランダの北ブラバント州にあるコニングスフォーヴェン修道院です。

実は、この修道院でビールの醸造が始まったのは、1884年からなんです。
当初からトラピストビールとして製造し、売り出していました。
しかし、1996年。
修道院の高齢化と人手不足に悩んだコニングスフォーヴェン修道院は、民間業者のバハリアビールと製造契約を結ぶことにしました。

ただ、これが原因で一度はトラピストビールとして販売できなくなります。
というのも、トラピストビールの認定は、あくまで、トラピスト会修道院主導で醸造生産されるべきものであり、トラピスト会の教えによって、流布されるべきものだったからです。

民間のバハリアビールに委託した後は、修道院がほとんど手を引くこととなりました。
結果、トラピスト会の定めるビールとして認定できなくなったのです。

しかし、バハリアビールがトラピストロゴを継続使用したため、問題となります。
バハリアビールとトラピスト会国際議会の話し合いの上、
2005年に修道士が毎日数時間醸造に携わり、主導コントロールすることで合意し、
トラピストの認定を再び得ることとなりました。

だから、トラピストの中で一番最後に認定された若者ビールになったんですね。
その実は出戻りでした!というわけです。

このビールの特徴は、全部で4種製造されていて、アメリカではコニングスフォーヴェンという修道院名で販売されています。

ラ・トラッペ ブロンド(La Trappe Blond)
アルコール度6.5%。マークは黄色。炭酸が良く効いてホッピーであって、かつフレッシュさが
心地いいビール。
ラ・トラッペ ダブル (La Trappe Dubbel)
アルコール度6.5%。マークは赤。香ばしいモルトの焙煎香が効いた深みのある味わいですが、独特のさわやかさは逃がしていません。
ラ・トラッペ トリプル (La Trappe Triple)
アルコール度8%。マークはオレンジ色。液色は琥珀色で、一見重そうに感じますが、その味わいは、甘口でフルーティーな趣があります。
ラ・トラッペ クアドラプル (La Trappe Quadrupel)
アルコール度10%。マークは紫色。こちらは、スペシャルバージョンでビールとしては珍しくトリプルの上、クアドラプルと名がついています。甘みがありますが、甘すぎずスパイシーな刺激が面白いビール。ただ、アルコール度数は高めなので注意ですが(笑)

オランダで製造されているからと言って侮るなかれ!
これも、トラピストビールなんです!!

商品情報

楽天 ラ・トラッペの商品情報はこちら
amazon ラ・トラッペの商品情報はこちら

あわせてに読みたい関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをmixiチェックする

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ