ホワイトビール

ホワイトビールと言えば、ヒューガルデン・ホワイトやヴェデット・エクストラホワイトが有名です。
当サイトでは、ベルギービールの伝道師たるマイケルジャクソンの提唱する分類によって
分類をさせていただいてます!!
そして、このホワイトビールもその種類の一つ!

この投稿の続きを読む »

ゴールデンエール

ゴールデンエールはビール評論家マイケルジャクソンが命名した名前で、
実はベルギーでは、そのような分類があるわけではありません。
淡く美しい麦の金色で、比較的アルコール度数が高く
かつ、深みのある味わいのビールを指します。

この投稿の続きを読む »

アビィ・ビール

アビィ・ビールとは。

実は、これはトラピスト・ビールのように修道院で生まれたビールなんです。
でも、トラピスト会の認定外。
だからアビィ(修道院)・ビールなんです。

というのも、実は長い歴史の中で、修道院が醸造を民間に委託し、
民間がその手法で醸造するという事をするようになりました。

味わいは、より洗練されていき、とても個性豊かなビールが
数多く誕生しました。

この投稿の続きを読む »

ランビック・ビール

ベルギービール伝道師マイケルジャクソンの分類の一つ
ランビック・ビール

ランビック・ビールとは、ベルギーのブリュッセルの南西「パヨッテンラント地域」でのみ醸造される自然発酵のビールのことです。

ビールの醸造方法として有名な、エールやラガーは、醸造用酵母を慎重に培養し発酵させていますが、これらの手法とは違い、自然発酵で醸造を行うという珍しいタイプのビールです。

この投稿の続きを読む »

トラピストビール

トラピストビールとは?


当サイトでは、分類方法をビールの伝道師たるマイケル・ジャクソンの分類方法で紹介しています。
ここでは、トラピストビールについてご紹介いたします。

「トラピスト?聞いたこと無いなぁ。」

それはそのはず。これはベルギーの中でもトラピスト会に認定された数少ない醸造所でしか作れないビールなんです。

「トラピスト会?」

そう。トラピスト会。
これはキリスト教カトリックの一つで、厳律シトー会ともいうようです。司教による行政干渉を受けない免罪符的なものを所持した会のようです。
私は、キリスト教に詳しくはないので、この辺で。

この投稿の続きを読む »

このページの先頭へ