ロシュフォール (Rochefort)

ロシュフォール (Rochefort)

ロシュフォール (Rochefort) は、
ベルギーのサン・レミ修道院で醸造されるトラピストビールの銘柄です。

ロシュフォールは“Rochefort6”“Rochefort8”“Rochefort10”の3種類のビールを醸造していて、
高いアルコール度数と刻のある濃い味が特徴!
ちなみに6.8.10という数字は醸造の際の初期比重を表しているそうです。
初期比重は発酵前の麦汁の比重のことなんだとか。
それによって、ビールの強さが変わってくるとのこと(醸造談)

この投稿の続きを読む »

ランビック・ビール

ベルギービール伝道師マイケルジャクソンの分類の一つ
ランビック・ビール

ランビック・ビールとは、ベルギーのブリュッセルの南西「パヨッテンラント地域」でのみ醸造される自然発酵のビールのことです。

ビールの醸造方法として有名な、エールやラガーは、醸造用酵母を慎重に培養し発酵させていますが、これらの手法とは違い、自然発酵で醸造を行うという珍しいタイプのビールです。

この投稿の続きを読む »

シメイ~4つの宝玉~

シメイ~CHIMAY~

シメイはトラピストビールの一種で、ベルギーのシメイ(地名)のスクールモン修道院で作られるビールです。

シメイには全部で4つの種類があるとされています。
ルージュ・トリプル・ブルー・ドレーの4種類です。
ね。宝玉みたいでしょ?色合いが頭に浮かびます。

実は、ルージュ・トリプル・ブルーの3種は一般購入できるのですが、ドレーのみは修道院内か、近郊のカフェなどでの限定提供のようです。
ベルギーに行った時の楽しみが、ひとつできますね!

この投稿の続きを読む »

トラピストビール

トラピストビールとは?


当サイトでは、分類方法をビールの伝道師たるマイケル・ジャクソンの分類方法で紹介しています。
ここでは、トラピストビールについてご紹介いたします。

「トラピスト?聞いたこと無いなぁ。」

それはそのはず。これはベルギーの中でもトラピスト会に認定された数少ない醸造所でしか作れないビールなんです。

「トラピスト会?」

そう。トラピスト会。
これはキリスト教カトリックの一つで、厳律シトー会ともいうようです。司教による行政干渉を受けない免罪符的なものを所持した会のようです。
私は、キリスト教に詳しくはないので、この辺で。

この投稿の続きを読む »

ビールの分類

ビールの分類

ベルギービールの分類は、それを企てる人の数だけ方法があるとされています。
というのも、ベルギービールはものすごい数と醸造法があるので、分類しきれない現実もあります。

ベルギーでは醸造所組合が制定している分類方法で分類表記されていることが多いのですが。
日本では、ベルギービール伝道師「マイケルジャクソン」の分類方法がよく知られています。

え?マイケルってあの?
違います。彼はエンターテイナーとして有名ですが、その他に実はグルメではもう一人、有名なマイケルジャクソンがいたようです。
私自身も、ベルギービールを調べていくうちに初めて知りました。

彼の分類方法によれば、全部で大きくは10種類に分かれるとされます。
その10種類とは。

この投稿の続きを読む »

このページの先頭へ