ビールの分類

ビールの分類

ベルギービールの分類は、それを企てる人の数だけ方法があるとされています。
というのも、ベルギービールはものすごい数と醸造法があるので、分類しきれない現実もあります。

ベルギーでは醸造所組合が制定している分類方法で分類表記されていることが多いのですが。
日本では、ベルギービール伝道師「マイケルジャクソン」の分類方法がよく知られています。

え?マイケルってあの?
違います。彼はエンターテイナーとして有名ですが、その他に実はグルメではもう一人、有名なマイケルジャクソンがいたようです。
私自身も、ベルギービールを調べていくうちに初めて知りました。

彼の分類方法によれば、全部で大きくは10種類に分かれるとされます。
その10種類とは。

1 トラピスト・ビール

2 ランビック・ビール

3 アビィ・ビール

4 ゴールデン・エール

5 スペシャル・ビール

6 セゾン・ビール

7 ピルスナー・ビール

8 ブラウン・ビール

9 ホワイト・ビール

10 レッド・ビール 

の10種類とされています。
それぞれの説明は、別記事にて表記させていただきます。

大きく分類した中で、どうしても分類しきれなかったものは、スペシャルビールという分類になっているようです。

あわせてに読みたい関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをmixiチェックする

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ