レッド・ビール

レッド・ビール(Red・beer

ベルギー北部のフランダース地方西部の西フランダース州で、古くから伝わる酸味のある赤褐色のビールの事を指します。
それは、色合いから「レッド・ビール」と呼ばれ、ベルギーを代表するビール醸造法としても有名です。

このビールは、独特の酸味を有し、まるでフルーツを漬けこんだかのような甘い味わいを持つ複雑なビールですが。
その飲んだ時の印象とは裏腹に、ベースとなるレッド・ビールには、フルーツが使われていません。
実は、発酵の過程で、熟成し、そしてフルーティーな香りと甘みが出るのです。
そして、このビールには、小麦ではなく、赤大麦を麦芽にして仕込むそうです。
それによって、美しい深紅のボディーになるのでしょう。

この投稿の続きを読む »

このページの先頭へ