ラ・トラッペ~La Trappe~ 新しいトラピストビール

ラ・トラッペ~La Trappe~

ラ・トラッペは、オランダで生産されているビールです。
だから、当初迷いました。
ベルギービール調査隊!で紹介するべきなのか。

しかし、2005年になるまで、トラピストビール全6種類の醸造施設は全てベルギーにしかありませんでした。
ベルギーにある、6つのトラピスト修道院のみで生産され、そのラベルを付与することが出来たのです。

だからこそ、トラピストビールというのは、ベルギーから始まったビールと言えるでしょう。
なので、オランダで製造されていても、トラピストであるならば、ベルギービールという括りの中で紹介するのもアリだと思いました。
オランダビールという紹介をされることもありますが、当サイトでは、ベルギービールとして紹介します。

この投稿の続きを読む »

アヘル(ACHEL)~時代を超え蘇ったお酒~

アヘル(ACHEL)

アヘル
アヘルは、トラピストビールのひとつで、
アヘル5シリーズとアヘル8シリーズの二種類が醸造されています。
アヘル5シリーズは現地でしか飲めないビールのようですが、アヘル8シリーズは輸入されています。
その数字が示すようにアルコール度数は5%前後と8%前後のシリーズ構成になっています。

この投稿の続きを読む »

アビィ・ビール

アビィ・ビールとは。

実は、これはトラピスト・ビールのように修道院で生まれたビールなんです。
でも、トラピスト会の認定外。
だからアビィ(修道院)・ビールなんです。

というのも、実は長い歴史の中で、修道院が醸造を民間に委託し、
民間がその手法で醸造するという事をするようになりました。

味わいは、より洗練されていき、とても個性豊かなビールが
数多く誕生しました。

この投稿の続きを読む »

ロシュフォール (Rochefort)

ロシュフォール (Rochefort)

ロシュフォール (Rochefort) は、
ベルギーのサン・レミ修道院で醸造されるトラピストビールの銘柄です。

ロシュフォールは“Rochefort6”“Rochefort8”“Rochefort10”の3種類のビールを醸造していて、
高いアルコール度数と刻のある濃い味が特徴!
ちなみに6.8.10という数字は醸造の際の初期比重を表しているそうです。
初期比重は発酵前の麦汁の比重のことなんだとか。
それによって、ビールの強さが変わってくるとのこと(醸造談)

この投稿の続きを読む »

シメイ~4つの宝玉~

シメイ~CHIMAY~

シメイはトラピストビールの一種で、ベルギーのシメイ(地名)のスクールモン修道院で作られるビールです。

シメイには全部で4つの種類があるとされています。
ルージュ・トリプル・ブルー・ドレーの4種類です。
ね。宝玉みたいでしょ?色合いが頭に浮かびます。

実は、ルージュ・トリプル・ブルーの3種は一般購入できるのですが、ドレーのみは修道院内か、近郊のカフェなどでの限定提供のようです。
ベルギーに行った時の楽しみが、ひとつできますね!

この投稿の続きを読む »

このページの先頭へ